健康と体

ケトジェニックダイエットのやり方をお伝えします

こんにちは、せすとりです。

ケトジェニックダイエットのやり方は?

というご質問にお答えします。

ケトジェニックダイエットとは?

稲穂収穫の秋

ケトジェニックダイエットは、世界中の美容と健康を気遣う人の間で流行しています。やり方としては、現在摂取している炭水化物を極端に減らし、食事の中で良質の脂肪分を中心に摂取してたんぱく質も適度に摂取するのが特徴です。

ケトジェニックダイエットは、体内の状態をケトーシスという脂肪が燃えやすくなる状態にするのが目的で、炭水化物を減らし、体内で利用するエネルギーを脂肪から得られるように代謝を変更して、体脂肪を減らしていくダイエットになります。

ケトジェニックダイエットの食事は?

炭火で焼いたステーキ

食事をとる際、一般的にはご飯やパスタ、パンなどは必ず食べるという人が多い傾向にありますがこうした炭水化物は食べないのがケトジェニックダイエットのルールです。又、野菜でもでんぷん質が含まれているものがありますので、イモやニンジンなどは控えるようにします。

ダイエットというと、これまでは脂肪分をとらないスタイルが一般的でしたが、糖質を取らない分、良質な脂肪分を積極的に取り、そちらからエネルギーを得ていく必要がありますので、積極的に摂取します。良質な脂肪を含む食材としては、魚、アボカド、ナッツになります。マヨネーズも食べて問題ありません。油はオリーブオイルやココナッツオイルを利用していくほうが良いです。

ケトジェニックダイエットは、食べても良い食材と食べないほうが良い食材がはっきりしているため、それに基づいて毎日の食事を用意することになります。外食をするときなどに、このシステムにのっとったメニューが無いケースも多くなりますが、意識して炭水化物をとらなかったり良質の脂肪やたんぱく質を摂取するのように心がけるのがおすすめのやり方です。

ケトジェニックダイエットの準備は?

MCTオイル

まず用意いただきたいのは、MCTオイルです。

ココナッツから抽出された無味無臭のオイルになります。中鎖脂肪酸が多く含まれていますので、体内に入るといち早く肝臓で分解されエネルギーとして利用され、体脂肪として蓄積されませんので、ケトジェニックダイエットをするにあたっての必需品となります。スーパーなどでは日清がMCTオイルを出していますし、コストコでも販売されています。ネットでも販売されていますので、一度試して、お好みで選んでいただければと思います。

炒めることには使えないオイルですので、なにかに混ぜて飲むものになります。コーヒーや、プロテイン、サラダにかける、味噌汁にかけるなどで摂取してみてください。

私は、コーヒーに混ぜるか、プロテインに混ぜて飲んでいます。入れることで甘みがまして飲みやすくなります。

おすすめはこちら⇓

食事は基本的に、自炊で自分で作ることをおすすめします。食材は、アボカドやオリーブオイル、ココナツオイルなど質の良い脂肪を取ることが出来る食材を用意し、たんぱく質は牛肉や豚肉、鶏肉などから取ることになります。魚や卵も食べることが可能なダイエットですので、調理方法を飽きないように工夫するのも重要です。

ただ基本的には焼いて塩で食べるという形になります。煮物は砂糖や、みりんを使うためあまりおすすめできません。砂糖を使う場合にはラカントSなどの、血糖値を上げない、甘み調味料を使いましょう。

含まれる糖質量を気にすれば、主食以外の食料は取れますので、調べましょう。

食材の糖質量一覧にした書籍も出ていますので参考にしてみてください。

血糖値が高いという方も、こちらを参考に献立を組み立てると、糖尿病予防に役立ちます。

 

最後に

カルテと聴診器

ケトジェニックダイエットは、持病がある人には適さないケースがありますので、ドクターに相談をしてから始めるのも得策です。これまでに多くの人がこの方法で減量に成功しています。ダイエットにもいろいろあり、体質にあう合わないがありますので、試してみることをおすすめします。

-健康と体

© 2021 ブログで飯を食う