ワークアウト 健康と体

【体験】24/7ワークアウトでダイエット トレーニング2回目

24/7ワークアウトのトレーニングってどんなことをやるんだろう?

ということで、本日、トレーニングの2回目でしたのでその体験をレポートいたします。店舗は秋葉原・神田店です。
ただ、私は筋トレ経験者なので、全くやったことがない人よりはキツめのメニューだったかと思います。

秋葉原・神田店のビルは、古いオフィスビルの3階にあります。目立つ看板がありません。ネットで検索しないと絶対にたどり着かないと思います。ちょっとした秘密基地が味わえますよ。

最寄り駅はJR 神田駅、都営新宿 岩本町駅、東京メトロ銀座線 神田駅から徒歩5分くらいかと思います。

2回目トレーニングの実施内容

2回目なのでトレーニングルーム内にある個室で、トレーニングウェアに着替え体重測定、血圧を測定します。前回より低くなっていました。

本日朝計測した体組成計の計測値です。体重107.4kg(前回比-2.6kg)、体脂肪36.2%(前回比-0.6%)しっかり食事制限しましたので、結果が出てます。食べるのは肉中心、牛、豚、鶏です。野菜を取らないと食物繊維が足りず便秘で苦しむのでしっかり取ります。米、パンなどの主食は全く取っていません。1週間分の食事をまとめて記事にする予定です。

体組成計測値

使っている体組成計はこちらです。Bluetoothでスマホと連携し、記録を取ってくれるすぐれものです。

今回のトレーニング内容は、上半身、というかBIG3+ダンベルフライ実施しました。

スミスマシンでのベンチプレス(胸)

  1. 10kg × 10回
  2. 20kg × 10回
  3. 30kg × 10回
  4. 40kg × 10回
  5. 30kg × 12回

ベンチプレスは筋トレの代名詞的な種目ですよね。自分でやっているときには50kgを10回はできず、40kgを10回をメインにやっていました。スミスマシンだとバーベルの軌道が固定されていて、バーベルのバランスをあまり気にする必要がないので、普通のバーベルよりは重い重量で挙げられる予感がしますが、40kgの残り2回は補助がなければ挙げられませんでした。まあ、疲労が溜まっていたということでしょうがないかなと。

ダンベルフライ(胸)

  1. 3.5kg × 10回
  2. 6.5kg × 15回
  3. 6.5kg × 15回
  4. 6.5kg × 15回

ダンベルフライは、ベンチに仰向けに寝転がり、ダンベルを両手に持って脇の下におろし、胸の筋肉を伸ばしてから、ダンベルを胸の前に、肘をしっかり伸ばして持ってくる種目になります。負荷がかかるのは胸を伸ばしたときになる、ストレッチ系種目と言われています。

フライ系の種目はマシンでやっていたので、ダンベルで実施するのは初めてでした。しっかり筋肉に効くやり方を教わったので、しっかり覚えておきたいです。

しっかり胸の筋肉を伸ばして、ダンベルを上げるときはシッカリ肘を伸ばす。

スミスマシンでのデッドリフト(背中)

  1. 10kg × 10回
  2. 40kg × 10回
  3. 50kg × 10回
  4. 60kg × 10回
  5. 70kg × 10回

床に置かれたバーベルを持って、背筋で腰下まで、持ってくる種目です。70kgはなかなかにきついです。上げきったあと、肩甲骨を寄せると、背中の上部にも効きますね。

背中の上部が硬いと言われたので、これから意識していこうと思います。

 

スミスマシンでのスクワット

  1. 40kg × 10回
  2. 60kg × 10回
  3. 70kg × 10回

前回もやりましたが、最後に持って来られると、きついですね。最後のセットが終わったら気持ち悪くなりました。シッカリ追い込めている証かと思います。

トレーニング終了後は

シャワーを浴びてプロテインを飲んで終了です。

やはり、一人で筋トレをやるよりも、コーチングされてやるほうが、シッカリと追い込んでトレーニングができています。

一人だとどこかで甘えてしまいますし、食事制限も同様ですね。そもそも一人でコントロールできる人はこれほど太らないのでしょうね。。。

ダイエットしたい方の一助になれば。

-ワークアウト, 健康と体

© 2021 ブログで飯を食う